スポンサードリンク




日帰りふらり第15回目は、夏の避暑地を求めて秩父のご紹介2回目です。
前回は「天空のポピー」と題し秩父の花をご紹介しましたが、今回は西武鉄道が主催してる秩父の歴史に触れるスタンプラリー「DIVE! CHICHIBU 秩父湾編」と長瀞船玉まつり(花火大会あり) のご紹介です。
秩父Dive


1、スタンプラリー 「DIVE! CHICHIBU」 秩父湾編
2、長瀞船玉まつり(花火大会あり)
3、お得な切符
4、お勧めかき氷

44935f22599247fcdbe6a5ac89a8715f_s



1、
スタンプラリー 「DIVE! CHICHIBU」 秩父湾編とは

スタンプラリーのパンフレットを見て、なんで秩父でダイビング? って思いますよね。私達もですが不思議に思い読んでみると、、、1500万年前まで、秩父エリアは太古の海が広がってたそうです。そんな歴史を巡ることができるのが、スタンプラリー 「DIVE! CHICHIBU」になります。

全てのポイントを周る必要はなく、対象施設の一か所で押印するだけで特製「じゆうちょう」がもらえますので、お子さん連れであれば西武鉄道の駅でパンフレットをゲットして、秩父に向かってみてください。

・スタンプラリー詳細
期間:     2017年7月15(土)~9月3日(日)
引き渡し場所: 9:00~17:00 
参加費:    無料
参加方法:   ①スタンプラリー対象下記4施設の一か所以上で、スタンプラリーパンフレットを持参し押印します。
        1、埼玉県立自然の博物館
        2、おがの化石館
        3、和銅黒谷駅
        4、秩父アミューズパーク

        ② 「西武秩父」駅お客様ご案内センターにてスタンプ済みのパンフレットを提示
        ③ オリジナルの「じゆうちょう」がもらえます!

※ 正確な情報は西武鉄道のHPクリック)をご覧ください。

じゆうちょう



1、埼玉県立自然の博物館

今では山に囲まれ緑が豊かな秩父ですが、約1700万年前~1500万年前の約200万年の間に、古秩父湾には多くの古代生物が生息しており特に「パレオパラドキシア」の化石は必見です。カバのように見えますがゾウやジュゴンなどの仲間で幻の海賊とも呼ばれてます。そんな化石などが見れるのが「埼玉県立自然の博物館」です。


●詳細:
住所:埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1417-1
電話:0494-66-0404
開館時間:9 : 00 ~16 : 30 (入館は16:00まで)
     ※7、8月は 9 : 00 ~ 17 : 00 (入館は16:30まで)
 休館日:毎週月曜日(祝日・振替休日、ゴールデンウィーク期間、7・8月、県民の日は開館) 
入館料:大人200円、学生100円、中学生以下無料
駐車場:無料32台あり
アクセス:秩父鉄道「上長瀞駅」から300m
HP: http://www.shizen.spec.ed.jp/


2、おがの化石館

こちらも奇獣パレオパラドキシアが目玉で、化石館という名からも化石に特化して学ぶことが多くあります。秩父の地層からは、クジラやサメ、カニ、貝類などの貴重な化石が数多く採掘されており、学習に適した化石が数多く展示されてるのが特徴です。大人もですが、お子さんなども夏休みの自由課題など勉強にいいかもしれません。電車で行くのはやや不便なため、車での訪問が良さそうです。

●詳細:
住所:埼玉県秩父郡小鹿野町下小鹿野453番地
電話:0494-75-4179
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで) 
休館日:毎週火曜日 
入館料:大人300円、小中学生200円
アクセス:西武秩父駅から西武観光バスに乗り継いでおよそ35分、泉田バス停で下車、徒歩20分。


3、和銅黒谷駅

和銅が採掘された「和銅遺跡」の最寄り駅になり、大きなオブジェに注目です。

住所:埼玉県秩父市黒谷412-4
アクセス:秩父鉄道秩父本線(秩父線)和銅黒谷駅


4、秩父アミューズパーク


ギリシャ神話に登場する女神「ミューズ」(英語:Muse)にちなんで名づけられたテーマパークです。
場内には、ローラーコースター、スイングボール、夏には流れるプール(有料)もあります。他には園内を走る汽車(車)、スカイトレイン、サイクルランド、レンタサイクル、テニスコートにパターゴルフ、バーベキューにF1サーキットなどなど、一日では遊びきれないほど施設が充実してます。
また、一押しは世界中で人気沸騰中の本格アスレチック「フォレストアドベンチャー」は国内最大級で遊び買いがありますよ。


詳細:
住所:秩父郡小鹿野町長留2518
電話:0494-25-1315
開館時間: アトラクションにより異なる
休館日: 火曜(スカイトレイン、レンタサイクル)、その他施設は要確認
入園料:無料 (別途アトラクションは有料あり)
アクセス:秩父鉄道秩父駅または西武鉄道西武秩父線西武秩父駅下車し、秩父ミューズパーク循環バス「ぐるりん号」乗車(乗車時間約20分) 
    ※秩父駅・西武秩父駅からも「ぐるりん号」に乗車可能
       ※秩父ミューズパーク南口から、西武秩父駅より小鹿野町営バスもご利用可能
駐車場: あり (※有料期間 500円 7月15日(土)~8月31日(木))



2、長瀞船玉まつり(花火大会あり)

7cad2510daaa6f452ec024f0a94a692b_s


毎年約7万人の人出で賑わう「長瀞船玉まつり」は夏の風物詩として人気があります。
川下りの船頭が水上の安全を祈願して始めたのが始まりとなり、約1,000基の灯篭が荒川へ流され3000発の花火も渓谷という地形から花火の音が反響し迫力があります。


日程:2017年8月15日(火) 19:30~21:00
場所:埼玉県秩父郡長瀞町 / 長瀞岩畳周辺
打上げ数:約3,500発
アクセス:秩父鉄道「長瀞駅」より徒歩約5分

chichibu_map



3、お得な切符

西武鉄道では 秩父探索するのにお得な切符が発売されてます。

夏休み長瀞おさんぽきっぷ
発売期間:2017年7月15日(土)~9月3日(日)
有効期間:発売日に指定した乗車日当日に限り有効
有効区間:発行駅~フリー区間1日乗り降り自由
参考料金:池袋・新宿発着 2000円(小児1020円) その他駅により異なる


秩父フリーきっぷ
  池袋から往復で 2、320円!
  ご利用開始から2日間:芦ヶ久保~西武秩父間と秩父鉄道(野上・長瀞~三峰口駅間)が
2日間乗り降り自由  

秩父漫遊きっぷ

西武線の西武秩父までの切符です。長瀞方面行く方は前者がお得かもしれません。

以下の何れかを選択
 ・レンタカーを特別料金クーポン
 ・秩父ゾーンの西武観光バスが2日間使えるフリーパスまたは三峯神社行き急行バス(片道のみ)
 ・「西武秩父駅前温泉 祭の湯」でのお食事・お買い物クーポン(おとな640円分、こども320円分)


4、お勧めかき氷:
阿左美冷蔵



阿佐美冷蔵:

阿左美冷蔵が1992年にかき氷店をオープンさせ、行列のできるかき氷店「金崎本店」があります。
阿左美冷蔵は130年以上も続いている天然氷の製氷業者で、天然氷に天然素材で無添加のシロップをかけてあります。


参考メニュー:
蔵元秘伝みつのかき氷 白あん1,000円・ あずき1,100円
蔵元秘伝極みスペシャル3 1,500円
あさみの和スペシャル 1,300円


店舗:
金崎本店: 埼玉県秩父郡皆野町大字金崎27-1 
定休日:木曜

寶登山道店:埼玉県秩父郡長瀞町大字長瀞781-4 
定休日:火曜



まとめ:

夏の避暑地としても人気の秩父。 川に足を入れたりかき氷を食べたり楽しめるので是非出かけてみてください!


※今までの、「関東 日帰り&国内旅行 情報!!」はこちら!


See you next trip!

旅夢


★★ 高ポイント! 陸マイラー必須 お得なクレジットカードはこれ! ★★






スポンサードリンク