こんにちは、

久しぶりの更新は、今が旬でテレビでもご紹介されてる 『あしがくぼの氷柱』 です。

あしがくぼの氷柱は、埼玉県秩父郡にあり西武線芦ヶ久保駅から 徒歩10分で行けるというアクセスがとても良いです。
金〜日曜の週末、祝日は日没からライトアップが行われており、幻想的な氷柱の世界へ行くことができますよ。
写真と共に、アクセス方法、食事処、お得な切符などをご紹介します。


P1191502


1、秩父三大氷柱

はじめに、秩父には三大氷柱と言われる氷柱があるのですが
「三十槌(みそつち)の氷柱」「尾ノ内渓谷の氷柱」「あしがくぼの氷柱」です。

今回ご紹介は、電車でも気軽に行ける「あしがくぼの氷柱」です。

因みに、その他二つの氷柱も簡単にご紹介します。


「三十槌(みそつち)の氷柱」

三十槌の氷柱の特徴は、自然の中にできる天然氷柱です。荒川沿いの山から溢れる水が自然と凍り、美しい氷柱ができます。三峰神社に向かうバスから一瞬ですが見ることができますが、三十場 停留所から10分程度で行くことができます。注意点として、三峰神社のバス路線は一日4−5本しかないので、時刻表を要チェックして行ってみてください。

●期間:平成30年1月6日~平成30年2月18日
●住所: 埼玉県秩父市大滝4066-2(ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場)
●アクセス:秩父鉄道 三峰口駅より西武観光バス秩父湖行き「つららの見学場所」または中津川・老人福祉センター行き「宮平」下車 1km程度。または、三峰神社行き 三十場 下車 徒歩10分


「尾ノ内渓谷の氷柱」
ここの氷柱は人工的に造られてますが、吊り橋からみる氷柱は絶景でとてもスリルがあります。

●期間: 平成30年1月7日(日)~
●住所: 埼玉県秩父郡小鹿野町河原沢996-1
●アクセス: 西武秩父駅から西武観光バス「小鹿野車庫」又は「栗尾」 行き乗車、「小鹿野役場」から西武観光バス 「坂本」行きに乗り換え「尾ノ内渓谷入口」下車、徒歩約20分 
 


2、
あしがくぼの氷柱

P1191539



あしがくぼの氷柱は、2014年冬に新たにオープンした氷柱で毎年1月上旬〜2月下旬に公開され、秩父路三大氷柱のひとつに数えられています。
沢の水をひき人工的に造られ、会場は遊歩道が200m弱 高台まで続き、その間に両サイドに氷柱を見て歩くことができます。

イベント開催期間中(2018年1月6日(土)〜2月25日(日))の金曜〜日曜・祝日はライトアップも行われているので、幻想的な世界を感じることができます。

駅周辺には、
道の駅「果樹公園あしがくぼ」があるので、氷柱を見る前であれば軽く食事をすることもできます。(上記:ホームページをチェックして見てください。夕方までオープンしてるようです)

P1221611


2−1 駅からのアクセス

西武秩父線 芦ヶ久保駅に着いたら改札(一つ)を出て左に線路沿いの坂を降りていきます。

P1191462

P1191463


3分ほど降りると右に少し曲がるのですが、すぐに川の手前を左に曲がり砂利道を5分程度進みます。

P1191468


すると下り坂を降りると、係りの方がいる改札に着きますので、
環境整備協力金:300円を支払います。

P1191471


進むと鉄道のトンネルを潜ると氷柱が目の前に現れます。


P1191480


P1191507



3、イベント詳細

●開催期間 : 2018年1月6日(土)〜2月25日(日)

●鑑賞時間 : 午前9時~午後4時まで 
        ライトアップ開催日(毎週金・土・日曜日・祝日)日没〜午後8時まで

●環境整備協力金:300円(中学生以上)
●住所 : 埼玉県秩父郡横瀬町大字芦ヶ久保

●電話 : 0494-25-0450(横瀬町ブコーさん観光案内所)
●アクセス : 西武秩父線 芦ヶ久保駅下車 徒歩10分
●駐車場 : あり、道の駅果樹公園あしがくぼ 第二駐車場100台 



4、あしがくぼの氷柱 へのアクセスとお得な切符

あしがくぼの氷柱へのアクセスは、池袋駅から西武線(副都心線、有楽町線直通)でのアクセスが便利です。料金は、池袋〜芦ヶ久保駅 片道700円です。

西武新宿線でもいけますが、所沢にて飯能・秩父方面へ乗り換えが必要です。

西武池袋線は、池袋から「特急レッドアロー号」が追加料金700円で乗車でき、速くて快適かと思います。 氷柱イベント開催中の週末は、芦ヶ久保駅も停車するようですので、乗る前に確認して見てください。
また、横浜方面からですと、S-Trainという秩父までの直通列車があり乗り換えもなく便利です。


<<お得な切符!>>

西武線を使用して秩父観光をする方は、西武鉄道が発売してる<<お得な切符>>をチェックしてみてください。

①秩父漫遊きっぷ

三峰神社まで足を伸ばしたい方や、秩父温泉に入りたい、秩父エリアをバスで周遊したい方などは、この秩父漫遊切符がお得かと思います。西武線往復割引(西武秩父までと高麗の間は乗り降り自由:芦ヶ久保も含含む)と、オプションで西武秩父駅から三峰神社までの片道バスを選択できる割引切符です。
その他に選択できるオプションは、秩父エリアのバスのフリーパス(2日間有効)や西武秩父駅に隣接された駅前温泉「祭の湯」の入館券、西武秩父駅からのレンタカー割引などのオプションから選択ができます。
その他、秩父の観光地での割引等の特典もあります。

折角なので私達は、お昼の12時頃に西武秩父に着くように出発し、12:15分の三峰神社行きのバスで三峰神社を参拝し、あしがくぼの氷柱のライトアップを鑑賞しました。

オススメのプランですので、是非参考にして見てください。
因みに、三峰神社から帰りのバス代は含まれませんので、940円が必要です。


料金は、西武池袋駅から2,190円なのでオプションを楽しめばお得です。



②秩父フリー切符

もう一つのオススメ切符は、秩父フリー切符です。こちらは、西武線の往復割引と秩父の中心地、長瀞までの料金が含まれた切符です。
西武線 芦ヶ久保~西武秩父駅間と秩父鉄道(野上・長瀞~三峰口駅間)が二日間乗り降り自由なので、早朝からアグレッシブに動きたい方には有効なチケットです。


5、まとめ

今回の「あしがくぼの氷柱」は如何でしたか。秩父は春から秋との印象がありますが、冬も空気が澄んでとても癒される名所が沢山ありますのでお得な切符を使用して楽しんでくださいね。



※今までの、「関東 日帰り&国内旅行 情報!!」はこちら!

See you next trip!

旅夢


人気ブログランキングへ