スポンサードリンク



こんにちは

滞在四日目、最終日です。
昨日までの遺跡巡りを離れ、東南アジア最大の湖 ”トンレサップ湖” を訪れます。


今日も滞在中お世話になっている、同じトゥクトゥクドライバーでの観光です。
値段は同じく US$15、午前はトンレサップ湖と午後は市内を巡るコースにしました。


・トンレサップ湖 + マングローブ クルーズ
・アンコールワット博物館
・ショッピングモール



 
・トンレサップ湖 + マングローブ クルーズ

トンレサップ湖は、東南アジア最大の湖で、100万人以上もの水上生活者が生活していることで有名です。
元々は貧しくお金のないベトナムなどの移民が、湖の上に家を建てたのが始まりで、
その後、貧困層も移り住み始め、ここトンレサップ湖で生活しているそうです。



宿を出発して30分程度でトンレサップ湖へ到着しました。

まずチケットセンターで船をチャーターします。(US$20/人) 
相乗りかと思いきや、船長とガイドと、私たち二人とドライバーの5人で船は出発しました。
行く途中、帰路の観光客船と数多くすれ違いますので、多くの観光客が訪れているようです。

P9224063



途中ガイドが町の紹介や トンレサップ湖の歴史を話してくれて、20分程度進むと水上の町が見えてきます。
水上には学校,病院,協会、バスケットコート、床屋など様々な施設が湖に浮かんでます。


P9224129


途中、小さい手漕ぎボードに乗った学校帰りの子供たちともすれ違いますが、
みんな笑顔でかわいいです。

P9224244



町を過ぎて湖が開ける場所まで行くと、ガイドにマングローブ クルーズを勧められます。
オプションとの事なのですが、折角なので参加することにしました。

マングローブ クルーズは小さいカヌーのような船に乗って一時間程度のクルーズできます。
(少々高いです、、US$30/人)

こんな感じに、マングローブの森を一時間程度クルーズして周ります。

P9224162

マングローブの森はとても静かで、外部の船のモーター音も聞こえなく静寂で水をかく音だけがして
ゆっくりと自然を楽しめる時間です。

P9224166


途中、マングローブで写真を撮ってくれたりします。
クルーズは続き、一旦水上タウンに出るのですが、再度森に入ります。

P9224237


一時間のクルーズが終わると、元の船に戻り帰路になります。

小学校、養殖ワニ園と寄ることができるのですが、
小学校に寄るにはからくりがあり、途中の水上スーパーで子供たちに贈ると言う名目で
お米やキャンディーなどを購入する必要があります。

私たちは何十キロというお米を勧められ、あまりにも高額なので(たしか数十ドル)遠慮して
学校には寄りませんでした。

その後、養殖ワニ園(お土産屋)で停泊して港に戻りました。

途中、船のガイドがひたすらビールを勧めてきますので、
いらない方は丁重に断った方がいいですよ。
おまけに最後にはチップを要求してきますので、これも断っていいか思います。


意外とトンレサップ湖ではお金が掛るので、行かれる方は注意してくださいね。

続いて私たちは町に戻り「アンコールワット博物館」へ向かいました。


アンコールワット博物館

町の中心にあるこの博物館は、オールドマーケットより車で5分程度の所に位置し、
アンコールワット遺跡群の貴重な石造彫刻や石碑文等が数多く展示されてます。

P9224389


大型スクリーンがあり、日本語音声でも解説してくれるので、王朝の歴史など学べますので、
遺跡巡りの予習、おさらいにも適してます。

博物館内にはカフェがあり、コーヒーなども飲めたりしますのでゆっくりと鑑賞できますよ。
お時間がある方は是非訪れてみてください。

 


博物館を離れ、私たちは遅いランチを取ることに町へ戻りました。
ちょうどスコールが降り始めそうだったので、タイミング的にちょうど良かったです。

写真は空芯菜の炒め物と、カレーですがお奨めです!
ここは、オールドマーケット近辺のローカルもいるレストランで、空芯菜はUS$2,カレーはUS$3と
すごくお手頃価格で味も最高です。(レストラン情報は次回Updateします。)

P9224486


スコールの後はこんな感じで、道路は水浸しです、、

P9224505



・ショッピングモール

食事が終わって向かったのは、現地のショッピングモール「ラッキーモール」です。
ここは、現地の人も訪れてるスーパーとショッピングモールで現地の物を買うのも有りですし、
ハンバーガショップもありましたので軽食をとるのもいいかもしれません。


<<カンボジア旅行を振り返って>>

出発一週間前にカンボジア行きを決め、強行で決行した今回の旅ですが、
夫婦共に新しい文化や遺跡にもふれ、とても充実した時間を過ごすことが出来ました。

トゥクトゥクで風をきりながらの移動も、日本のごみごみとした世界を忘れさせてくれ
リフレッシュできるかと思います。

また、遺跡巡りは相当体力も使いますので、履きなれた靴で暑さ対策、水分補給も忘れないでください。
みなさんも是非、カンボジアを訪れてみてくださいね。

明日は、タイ/バンコクでトランジットして日本へ帰ります。

See you next trip!