夫婦でふわり 〜世界の風を感じて〜

目標は夫婦で世界一周♪晴れ時々雨な旅ブログ

横浜

日帰りふらり<17> ~ 野球を観に行こう! ★★横浜DeNAベイスターズ編

スポンサードリンク




★★ 祝! 2017年 CSへの進出決定!! ★★ 

日帰りふらり第17回目は、「野球を観に行こう! 横浜DeNAベイスターズ編」です。
夏に向けてスポーツが盛んになり、外でのビールも美味しい季節になってきました。そこでお勧めなのが、野球観戦です!

関東には、5つもプロ野球の球団があり各地で熱戦が繰り広げられてます。そんな各球場の魅力などを何回かに分けてご紹介しようと思います。
野球はテレビで見たことある程度の野球初心者の方や、スポーツ全般が好きな方まで、家族でも楽しめるイベントを各球団が行ってますので、お休日や平日の夜でも出掛けてみてください。

無料スタジアム6


1、横浜DeNAベイスターズ
2、横浜スタジアム グルメ!
3、座席の種類
4、チケットの購入方法
5、中華街でランチ or ディナー
6、横浜DeNAベイスターズ ファンクラブへ入ろう!
7、横浜スタジアムアクセス

 
  ↓↓ 梅雨時は、家でオンラインで映画を楽しみましょう (30日間お試し無料) ↓↓






1、横浜DeNAベイスターズ

DENA logo


横浜DeNAベイスターズは、横浜を本拠地(通称:ハマスタ)とするプロ野球 セントラル・リーグに所属する球団です。地元の選手を獲得する傾向があり 横浜高校OBの選手が多く活躍するのも地元に愛される一つです。DeNAが親会社になった2012年から、ファンサービスに力を入れることで、球場に足を運ばなかった過去のファンや新しいファンが球場に行くようになり、連日満員に近い入場者数を記録してます。


野球場での楽しみの一つは、各球場が販売している名物の食べ物です。
横浜スタジアム(ハマスタ)の名物といえば「みかん氷」、崎陽軒「シウマイカリー」、崎陽軒「シウマイチャーハン」、地ビールなど美味しいものが満載です。


2、横浜スタジアム(通称:ハマスタ)グルメ!

・みかん氷 1個350円
夏のハマスタの名物といえば「みかん氷」! キンキンに冷えた氷にミカンが山盛りでのってます。シロップが掛かっていて甘くて美味しいです。

mikan


販売してるのは内外野共(1、3塁側、外野レフト、外野ライト)に売店で販売されてますのでチェックしてみてください!


・崎陽軒

崎陽軒


横浜といえば、崎陽軒のシウマイ!
やっぱりハマスタでも大人気です。シウマイ弁当は定番ですが、様々などんぶりタイプの弁当が販売されてます。


・崎陽軒「シウマイカリー」
シウマイが入ったカレー丼です。

崎陽軒カレー


・崎陽軒「シウマイチャーハン」
こちらは、チャーハンにシウマイがのってるシウマイチャーハン!

シウマイチャーハン


・青星寮カレー
若手選手が切磋琢磨し生活をしている青星寮で食べれる「青星寮カレー」
1塁側内野 BLUE STAR HOTEL にて購入できます。

カレー





・ベイスターズエール&ベイスターズラガー
柑橘系の香りとフルーティーさを活かしたベイスターズエールが人気です。

ビール1


・ベイスターズドッグ BAYSTARS DOG
野球場といえばホットドック! ハマスタのホットドックは保存料、着色料不使用のオリジナル粗びきソーセージを使用してます。肉汁と青唐辛子でちょうどいい辛さです。


・コールドストーン アイスキャンディ
「アンニンベリーズ」「マスカットアンニンピーチ」「オレンジマンゴー」の3種類(各種300円)。
スタジアム内の、ハマスタ直営の販売スタンドで購入できます。


3、座席の種類

ハマスタの料金は座席によって異なりますが、以下 ベイスターズHPにて確認ができます。

ハマスタ料金表

野球を身近で見たい場合は、内野席のホームベースに近いエリアの座席がお勧めです。応援団と盛り上がりたい、安い席が希望の場合は、外野席または内野自由席Cがお勧めです。

野球は、球場を本拠地とするホームチームとビジターチームが対戦しますが、横浜スタジアムは一塁側(Bay Side)がDeNAベイスターズを応援する席になり、三塁側がビジター応援席になります。

注意:ビジターチームを応援する方は、レフト席または3塁側の席を購入してくださいね。一塁側席、ライト席でビジターを応援することはタブーとされてますので注意してください。他の球団に球場に比べ ハマスタはビジターに優しい球団ですので、3塁側で応援してればいずらいなどなく何も問題ありません。
DeNAベイスターズ応援の方は一塁側に席がない場合などは、内野3塁側席でも特に問題はありません。


※DeNA BAYSTARS HPより抜粋
座席1
座席2



4、チケットの購入方法

チケットの購入方法はいくつかありますので以下を参考にしてみてください。都内でも駅近くにある金券ショップなどでもチケットが販売されてる場合もあります。


・横浜DeNAベイスターズ公式ホームページ「横浜DeNAベイスターズチケット」
・横浜スタジアムスロープ下入場券売場
・コンビニ:セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ
・チケットぴあの店舗
・各プレイガイドホームページ:セブンチケット、チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス
・電話予約:ローソンチケット

 ※詳細はこちらを参照ください。 (こちらをクリック


5、中華街でランチ or ディナー

スタジアムに行ったら、隣接してる中華街で食事をしてみては如何でしょうか。
最近の中華街は、1500円程度~食べ放題を楽しめてしまいます。


・横浜大飯店
ちょっと高いですが、大人気のお店 食べ放題 3,750 円(税込)

神奈川県横浜市中区山下町154
05058684744

・客満堂三番館
1,880円でメニュー「全130品」が食べ放題!

神奈川県横浜市中区山下町106-18中華街
05058697936


・龍海飯店
2,000円で食べ放題!

神奈川県横浜市中区山下町146-2
05057886103


・横浜中華街 七福
一人様¥1,680

神奈川県横浜市中区山下町139
05057871795


・品珍閣
140品で北京ダック付き、1980円の食べ放題!

神奈川県横浜市中区山下町131-12 横浜中華街
045-681-7828


・皇朝レストラン
世界チャンピョンの肉まんが食べれます

神奈川県横浜市中区山下町154
0120290892


6、横浜DeNAベイスターズ ファンクラブへ入ろう!
cd1ef4fc64a2896e96b73675f00cf6e2_s

ベイスターズが好きになったら、是非ファンクラブ 「B SPIRIT友の会」へ入りましょう!
年一回でもハマスタへ行く方は、ベイスターズファンの方もファンでない方も会員特典でチケットがもらえますので、一回でも観戦に行けば元が取れてしまいます!

以下は特典チケットと交換ができる会員コースです。
特典チケットは月、平日or 週末・祝日で消費枚数が異なるのですが(下部参照)、4、5月の平日であれば、特典チケット2枚で、4席分のチケットが交換できてしまいます。
これは、交換できるチケット中で、もっとも高額な内野FA席だと¥4,600なので¥4600x4=¥18,400分にもなります。この還元率は野球ファンにはたまらないですよね。
ビジターの方用のコースもありますので、3塁側やレフトスタンド席で観戦ができます。

注意としては、入会できる時期がシーズン途中では締め切りになってしまいます。 シーズンが終わってから翌年の会員登録がスタートして5月位までは登録を受付してますのでチェックしてみてください!

選べる会員コース:

・レギュラー会員(チケットコース)
年会費: 3,000 円(税込み)
特典チケット:2 枚

・スペシャル会員
年会費:8,000 円(税込み)
特典チケット:7 枚

・キッズ会員
年会費:3,000 円(税込み)
特典チケット:10 枚

・V☆SPIRIT Visitor Fan Club  → ビジターファンにおススメ!
年会費:3,000 円(税込み)
特典チケット:2 枚


★★特典チケットの消費枚数消費枚数とは、1席に必要な特典チケットの使用枚数★★

0.5枚分
 ★4・5月の 平日

1枚分
 ★ホーム開幕戦 
 ★ 4月の 土  日  祝  休   
 ★ 6月以降の 平日  

2枚分
 ★ 5月以降の 土  日  祝  休


ファンクラブ「B SPIRIT友の会」の詳細はこちら


7、横浜スタジアムアクセス

無料スタジアム2
※JR関内駅


横浜スタジアムは、横浜のみなとみらい地区の関内、中華街にあります。電車または車でのアクセスも便利です。駐車場も充実してますので中華街、ドライブがてらもお勧めです。

map

電車:
・JR根岸線「関内駅」南口より徒歩2分
・JR根岸線「石川町駅」北口より徒歩5分
・横浜市営地下鉄「関内駅」1番出入口より徒歩3分
・みなとみらい線「日本大通り駅」2番出入口(横浜スタジアム口)より徒歩3分

車:球場周辺、中華街に駐車場あり



↓↓ 梅雨時は、家でオンラインで映画を楽しみましょう (30日間お試し無料) ↓↓






まとめ:

都心からも30分程度で行ける横浜にある横浜スタジアム。野球場周辺には中華街、みなとみらい、山下公園など観光名所も沢山あります。
これから野球も終盤戦!DeNAベイスターズも調子よく2位争いをして盛り上がってます。そんな横浜にふらっと出かけてみてくださいね。


※今までの、「関東 日帰り&国内旅行 情報!!」はこちら!

 ↓↓ 最安値でホテルを予約するにはこちら ↓↓ 




See you next trip!

旅夢




ポイントがザクザク貯まるカードを厳選!
 ▼ 高還元のクレジットカード / 詳細版

海外旅行に最適なカードを厳選!
 ▼ 海外旅行に最適なクレジットカード / 詳細版






人気ブログランキングへ


日帰りふらり② ~横浜 みなとガーデン(全国都市緑化よこはまフェア2017)

スポンサードリンク




日帰りふらり第2回目は、現在横浜で開催されてる、
『横浜 みなとガーデン(全国都市緑化よこはまフェア2017)』
に行ってきました。

P5149518




このイベントは日本全国で行われており、横浜では「歴史と未来の横浜・花と緑の物語」をテーマに、
横浜を彩る100万本の花々を満喫できます。

3月、4月はさくら、チューリップや球根類が見頃で現在の5月,6月はバラ、ワイルドフラワーが見頃になってます。


1、横浜 みなとガーデンへのアクセス
2、フェア会場の移動
3、お勧めのルート
4、横浜での宿泊
5、里山ガーデン 会場


1、横浜 みなとガーデンへのアクセス
yokohama_map


横浜みなとガーデンへのアクセスですが、電車の場合JR東海道線、JR横須賀線や、京浜急行、東横線で横浜駅まで行き、みなとみらい線(東横線直通)でのアクセスが便利です。

みなとガーデンの会場はいくつかに分かれてるため、行きたい会場をあらかじめ決めて行動するのが
いいかもしれません。

今回私達が訪れたのは、山下公園と港の見える丘公園ですが、この二か所だけでも満喫はできるかと思います。


・みなとガーデン会場 (みなとみいらい線:みなとみらい駅~元町・中華街駅間)
山下公園
港の見える丘公園
横浜公園 
日本大通り 
象の鼻パーク
グランモール公園 
運河パーク、新港中央広場 


電車以外のアクセスとしては、横浜駅からバスまたはシーバス(船)にて山下公園、みなとみらいの会場まで行くこともできます。
これからの時期、海風を感じながらのクルージングも快適です。

route_map
横浜周辺シーバス、クルージング マップ



■JR:
東京から横浜(東海道線)~みなとみらい線 :約40分

■東横線:
渋谷からみなとガーデン会場周辺駅:約40分

■高速道路:
東京から横浜(第三京浜、または首都高横浜)


2、フェア会場の移動

各会場間の移動は、隣の会場であれば歩いて10~15分程度で行けます。

離れた会場へは、電車またはバス、3名以上であればタクシーの方が便利かもしれません。
特に、港の見える丘公園は高台にありますので、行きはタクシーまたはバスをお勧めします。

私達は車で伺ったため、中華街近くの駐車場に車を止めて行きました。
駐車場によっては、一日最大料金を設定しているので時間を気にせずに遊べます。



3、お勧めルート

1、山下公園 会場
P5149553


未来のバラ園と称し、約190品種 2,600株のバラと草花が色彩鮮やかに立体的に演出をしてます。夜にはライトアップも行われてます。

会場へのアクセスは、みなとみらい線「日本大通り駅」から5分程度です。
横浜駅からのシーバスだと、直接山下公園へのアクセスができます。

P5149518

P5149523

P5149560

P5149580



2、港の見える丘公園 会場

P5149595



名前のごとく、横浜港が一望できる高台にある公園に会場があります。
ここには、約百種の香りのバラや香りの植物がある『香りの庭』があります。

「香りの庭」は名前のごとく、花の香りに包まれるためいろいろな香りを感じることができます。

P5149612


P5149601

P5149604

P5149609


港の見える丘公園へのアクセスは、みなとみらい線「元町・中華街駅」より徒歩10分、
山下公園からは徒歩15分程度となります。
公園へは急な上り坂となりますので、バスまたはタクシーがお勧めです。

今回は、中華街でランチをしてから2会場を3時間程度で見ることが出来ました。

お時間がある方は、港の見える丘公園からスタートし、山下公園~像の花パーク~横浜公園 と言うルートもいいかと思います。

4、横浜での宿泊

横浜は、みなとみらい、赤レンガ倉庫、中華街など他にも様々な見どころがあります。
横浜に一泊して、夜は中華街で美味しい中華を堪能するのもいいかもしれません。
横浜のホテル探しは、港が見える一流ホテルの当日予約の特割などお得なホテルが見付かるエクスペディアで検索するのが便利です。


5、里山ガーデン 会場

satoyama


今回は行けませんでしたが、横浜 里山ガーデン 会場もありますので
是非チェックしてみてください。

アクセス:相鉄線「鶴ヶ峰」駅、「三ツ境」駅、または横浜線「中山」駅から「よこはま動物園北門行」のバスで終点下車。




まとめ:

今回は、横浜へ日帰りプチトリップでしたが、天気も良くいい散歩日和となりました。
皆さんも是非、6月まで開催してる『全国都市緑化よこはまフェア』に行ってみてください。
本当に多種類のバラや植物、そして香りも楽しめるイベントになってます。

中華街やみなとみらい等、遊ぶところ満載の横浜なので、ホテルに一泊するのも楽しいと思います。


※今までの、「関東 日帰り&国内旅行 情報!!」はこちら!


See you next trip!

旅夢